陸奥秋紀行

album Landscape

移り行く秋景 神無月 1st

サムネイルをクリックして見て下さい 800×532pixel の画像が表示されます。   尚、戻る時は恐れ入りますがツールバーの [更新] ボタンを用いて戻る様にお願い致します。  

 秋彼岸を過ぎても残暑は続いていたが、神無月の声を聞くと気温も稍高め乍ら平年並みの気候が訪れて標高が高い場所
では秋を彩る木々の紅葉・黄葉風景が広がりを見せていた。しかし乍ら神無月も後半に入ると冬将軍の到来となり、秋季
は短く霜月 3rdで幕を閉じた。この様な移り行く秋景福島県・山形県・宮城県からお伝えします。【各月三部構成】

不動沢橋の夜明け
秋色朝日の燕谷
初秋渓谷中津川
秋短彩景秋元湖
神無月の秋衣
冷水寒露の小川
米沢草壁羽黒渓谷
秋短寒露羽黒渓谷
秋短往路滑川林道
滑川大滝錦秋景
滑川大滝秋衣
秋衣の羽黒渓谷
仲秋磐梯若宮
秋短緑景松木立
秋短林道中津川
秋短帰路の中津川
束の間の秋木立
仲秋渓谷中津川
噴煙揚がる浄土平
霧が流れた秋木立
北塩原白樺の丘
秋短水景檜原湖
仲秋町道猪苗代
艶やかな清秋三色

   神無月 2nd