寒暖冬紀行

album Landscape

寒暖冬紀行 Part_1

サムネイルをクリックして見て下さい 800×532pixel の画像が表示されます。   尚、戻る時は恐れ入りますがツールバーの [更新] ボタンを用いて戻る様にお願い致します。  

 陸奥 秋紀行「霜降の毘沙門沼」の頃に、気象庁から今季の冬は「雪は少なく暖冬穏やか」と発表があったが、師走の頃
は的中してた。しかしながら「年が明けて睦月」になると台風並みの強風が吹き、また朝晩の冷え込みもキツく市内でも
平年並みに降雪がある等、昔の冬が到来し「寒暖冬紀行」は師走の風物でもあるイルミネーションからはじまった。
 この様な季節の風景を福島市・伊達市・郡山市・猪苗代町・相馬市・北塩原村・富士吉田市からお伝えします。

師走須南の電飾
師走吾妻の電飾
初冬の原釜漁港
初冬師走の朝焼け
初冬師走の上名倉
初冬師走の鏡面
冷水磐梯湖南景
初冬磐梯猪苗代湖
初冬無雪の河川敷
初冬の荒川河川敷
初冬師走の竹林景
寒暖薄雪散歩道
小寒松風吾妻連峰
新正薄雪西方斜面
新正初雪小倉寺
小寒信夫の細道
寒中降雪花見山
残雪蝋梅花見山

   part 2