芳信 春紀行

album Landscape

芳信 春紀行 Part_1

サムネイルをクリックして見て下さい 800×532pixel の画像が表示されます。   尚、戻る時は恐れ入りますがツールバーの [更新] ボタンを用いて戻る様にお願い致します。  

 芳信とは「花の咲き開いた知らせ」と言う意味になるが、今季の春は寒暖差が大きく吹く風も強く冷たく感じた・・・
弥生の声を聞くと紅梅・白梅・満作・片栗・水芭蕉・野草等が彩りを添えて、やがて卯月半ばには染井吉野が開花したが
季節外れの降雪がある等前代未聞の気候変動があり、その分桜花は長く咲く事が出来た。この様なストックされた花風景
を、福島市・伊達市・二本松市・飯館村・川俣町・桑折町・国見町・猪苗代町・会津若松市の各地からお伝えします。

弥生晨光渡利情景
弥生木立字前山
梅花満開弥生の空
梅花映える杉木立
白梅彩る西方斜面
春信満作花見山
東風の紅梅山斜面
弥生仲春梅香の丘
渡利春情花見山
若草西方山斜面
連翹彩る春華の丘
陽春桜花の丘
清明木立素朴な春
片栗群生小鳥の森
点在片栗巽斜面
素朴な春の保原町
花菜桃花の保原町
夕色繚乱花見山
桜花爛漫弁天公園
陽春の三色
春光芳信二輪草
太平山桜並木
陽春あぜ道花見山
春寒穀雨湿地帯

   part 2